化粧Cafe

化粧品、この春の私はこれでいく

Free Template

2014年冬の化粧品は、少しくすみのある色が流行っていたようです。特に口紅なんかは赤系ではっきりしているけれど明るさがトーンダウンして映る色が多かったですね。この春の流行の傾向としてもまだその続きが反映されているようですが、暖かくなってきて、本格的にうきうきする季節を楽しむためにもくすみの抜けた色合いを選びたいと思っています。
色味の傾向としては、口紅は赤やピンクでポップなもの、アイシャドーはパープルやピンク、ブラウンで淡い色彩ということが挙げられそうです。近年はどちらもカラーバリエーションは豊富でも色味の濃さは抑え目だったので、口紅の流行の変化は個人的に嬉しいところです。
アイシャドーはまだ薄づきタイプが多そうですが、自分の顔には目元は濃い目、唇は適度な色味が似合うので、むしろアイシャドーは多色づかいでグラデーションを出すか、出来るだけ濃いめのものを選んで、口紅の方を薄づきタイプにして色の濃さを活かしつつ、それがシアーに出るように楽しみたいなと思います。みずみずしい色味が光に透けるような感じになると理想的です。夏みたいに暑くなる日は、オレンジを取り入れてみても素敵かなと思います。
マスカラはカールキープ力を中心に選びたいです。唇の色づきがよいなら、目もとに取り入れる色が少ないときでもしっかりしたマスカラとアイラインだけで成立しますからね。特にアイシャドーで淡い色を取り入れたい時は、カールキープ力に加えて色の濃さも重視したいと思います。アイライナーもこの時は、ペンシルタイプよりリキッドライナーを使って、細い線を細かく調節してやさしいラインではっきりしたものを描けるといいな思います。
肌はもう日差しが眩しくなってくる季節なので、できるだけシンプルで、光が反射するさらっとした肌にしたいと思います。チークは普段あまり使わないのですが、クリームタイプの可愛いものが出ているので、今年はそれに惹かれています。


管理人愛用サイト